ビジネス

賃貸経営と管理

グラフ

賃貸経営を行う場合、個人で賃貸物件の管理を行う場合、その管理業務に多くの時間と労力がかかってしまう。そこで有用なのが、賃貸管理業者の活用である。賃貸管理業者では、多くの経験や知識により効率的な管理を行ってもらえる。

詳細を確認する...

購入時の費用

マンション

投資用マンションを購入する際には長期間にわたる管理費にも注意を向ける必要があります。管理費が周辺の相場と異なる場合には原因を調べることが重要です。マンションの資産価値は監理によって変化します。

詳細を確認する...

機能の融合

不動産

収益を誕生させる建物を作るときの土地活用では、追加投入をする必要がないため進歩しやすいという点があります。持っている範囲内に新しく加えるという形となるため、普通よりも資金を多く費やす必要性がないのです。

詳細を確認する...

投資による将来性

経営では空室を回避する

不動産

投資目的となるマンション経営に関して、事前に色々なリスクについて理解することが不動産投資の失敗しにくい特徴となり、客観的な分析がポイントです。マンション経営で利益を生むには、何よりも投資用マンションが満室となる入居者の存在が不可欠で、空室となるリスクを回避する必要が挙げられています。年間通して満室状態である保証が無いため、適正家賃の設定が重要視されているのも特徴です。家賃保証制度を設けているメリットが重なることにより、安易に考えてしまいやすく、失敗へと結び付けてしまいがちです。満室とすることで家賃収入の安定を確保することができるため、好立地で条件の良い物件を重視して選択することなど、時代のニーズにあわせることで失敗談で一番多い空室となるデメリットを回避することに繋げられます。

内容を踏まえた判断

マンション経営においては、投資と経営の両方で異なるリスクが付き物です。工夫することにより、マンション経営で利益あるいは将来性を持たせることに繋げることも可能となります。例えば、税制変動によるリスクも経営者にとっては重要視したい点です。不動産デフレを克服し、流通促進の観点から変動の軽減も提案されています。しかし、不動産には色々な税が課されており、取得時から売却時まで、税金の仕組みによってはコストが上下するケースも考えられています。改正の内容によって適用期日が決定しているため、内容を踏まえ、投資タイミングを見計らう一工夫によって賢いマンション経営戦略を掴むメリットを得ることができます。また投資マンションでは管理会社の存在も不可欠で、実際の経営者の声を聞くことのできるセミナーやコミュニティに参加し、破綻などのリスクを回避する工夫も重要です。